個人教室への理解が致命的に欠落しています

アメブロで華麗に集客できる仕組み作り。

女性の集客専門アドバイザー・増田恵美です。

ブログ初心者、パソコン苦手な女性に向けてWeb集客のアドバイスを書いています。



今日は2月1日。

今年も12分の1終わっちゃったのね!

(アメブロの広告を外すなら今日だわよ^^)



生徒さんを”売り上げ”として見る経営はうまくいくはずがない


最近、フェイスブックで見かけて、思わず「超いいね」をつけてコメントを入れた投稿。

よくSNSで見かける広告で「苦労しなくても集客出来る!」とか「どんな教室でもすぐ満席」とかいうキャッチの起業セミナーは本当にアホかと思います。それは来てくれる生徒さんを”売り上げ”と見ているということで大変失礼な話だしうまくいくわけがないのです。なにより、個人教室を開こうという女性は稼ぐことを一番には考えていないという個人教室への理解が致命的に欠落してます。 


ホントだよ!!と思いません?

生徒さんを”売り上げ”として見るのは失礼だし、愛がない。

そういう広告を見ると、女性がバカにされているように感じます。



女性は稼ぐことを一番に考えていない

沢山の女性とお話する中で感じるのは、女性は稼ぐことが目的ではないということ。

自分の知識や技術で、誰かの役に立ちたいと思っているのよね。



そもそも、男性と女性は全く違う”いきもの”です。

女性は毎日無給で家族の為に労働しています。

24時間、子供の為に自分を滅して子育てできます。

PTA活動なんて、無給で一年間働かされるのよ。

『人のために、社会のために』

それができるのが女性、男性とは違うところだと思います。



以前、「7桁稼げるとか見るとドン引きするタイプ」と書きました。

そういう目的は、ドン引きするし、本当にガッカリするの。

ただね、もしかしたら、そういうのに惹かれる女性もいるのかもしれない。



そこで、彼女のフェイスブックの投稿に、こんなコメントを入れました。

『美佐さん、よく言ってくれた!!個人教室だけじゃなく、女性の目的は『稼ぐことが一番』じゃないよね。 けど、これだけ見かけるということは、そういう人たちもいるってことなのかなぁと思う。』

そしたらね

『わかってないんだと思うんだよねぇ』

そうか!わかってないのか!ということで、記事にしてみました。



お教室業だけではなく沢山の人の読んで欲しい


この投稿に彼女のブログ記事が添付されていました。

いいこと書いてあります。


良質の個人教室とは何か? 教室をやりたい!という方は、自分のやりたい気持ちを中心に事業を考えがちです。もちろん好きなことでやりましょうは前提なのですが参加される生徒さんが喜んでくれること、事業として社会に役に立てることを盛り込む視点をどうぞ考えてください、とお伝えしています。

女性はとても真面目。 そして人は、人の役に立つことが喜びです。


『参加される生徒さんが喜んでくれること』

『人は、人の役に立つことが喜びです』

これはお教室だけじゃなく、どんなお仕事でもじゃないでしょうか。



常にお客様目線で考える。

喜んでもらえるサービスを提供する。

その対価としてお金を頂くんですもん。



女性の心理への理解が欠落している広告を度々目にするのはとても残念だし、女性がバカにされているような気分になります。

けど、そういう広告が表示されるというのは、需要がある(引っ掛かる人がいる)ということでもある。

集客できない、稼げないと焦る気持ちもわかります。

何で今のお仕事を始めたのか、誰を幸せにしたいのか、もう一度考えて欲しいな^^



松本美佐さんは、厳しいけど愛があって本気の人です。

ご紹介した、横浜ミサリングファクトリーのブログ記事読んでみてね。

教室開業スクールのカリキュラムも魅力的だわよ!(2日間でこの内容を学べるなら安いと思います)



【現在募集中のセミナー・イベント情報】


◆2018年4月

4月17日・増田恵美&上平薫里トークイベント@東京

4月27日・自動的にお客様が集まる!検索されるブログ記事の書き方グループコンサル


◆2018年5月

5月17日・ヘアメイク付きプロフィール写真撮影会

5月18日・グループコンサルティング(クローズド)

5月23日・増田恵美&上平薫里トークイベント@名古屋

5月24日・増田恵美&上平薫里トークイベント(仮)@大阪


※リンクになっていないイベントはお問い合わせください

お問い合わせはこちらお願い致します

アメブロから始まるWeb集客の仕組みづくり・女性の集客専門アドバイザー・増田恵美(ますだめぐみ)

アメブロやSNSを使ったWeb集客コンサルタント・女性の集客専門アドバイザー・増田恵美のAmebaオウンドです。