文章の途中で改行してはいけない2つの理由

アメブロで華麗に集客できる仕組み作り。

女性の集客専門アドバイザー・増田恵美です。


「文章の途中で改行しないで、句点までは一気に書くように」

読点で改行したり、切りの良い所で改行しまくるクライアントに言います。

何度言っても、癖ってなかなか抜けないんですよね(;^_^A



今日は、途中で改行してはいけない大きな理由を2つ書きます。

一つは見え方の問題、もう一つはSEOです。



見え方は環境によって変わる

まず、見ている人がどんな環境で見ても、おかしくならないようにすること。

私のブログ記事を例に挙げてご説明しますね。

この赤い四角の中の一文をご覧ください。

パソコン表示だと1行に収まっています。




次にモバイル版で見てみましょう。2行になりました。




スマホのブラウザで、パソコン版で見ると…1行半程度ですね。



もう一カ所ご覧いただきましょうか。

わざと読点で改行したこの短い文、パソコンの表示だとこの長さです。




モバイル版で見ると、「ら、」が次の行になっちゃった(;^_^A



スマホのブラウザでパソコン表示で見ると…収まっています。


このように、どんな環境で見るかによって、見え方が違うのです。

だから、変な所で改行すると、かえって読みにくくなるの。




今使っているデザインを、今後変える可能性もあるでしょ?

2カラムを3カラムにするとか、新デザインに変えると、1行当たりの文字数が変わります。

今のパソコン表示に合わせて改行していると、おかしなことになっっちゃうんだわよ!




途中で改行するとSEOがダメダメになる

検索エンジンがタグを見ているという話は、最近このブログでも書いてきました。

ブログに見出しを使っていますか?

改行タグと段落タグの違い

ブログ記事を書いていて、エンターキーを押す度に段落になってしまう。

文章の途中で改行すると、短い段落だらけになっちゃうのです。



特にスマホから更新すると、改行タグを入れる方法はありません。



短い段落だらけのウェブサイトが、検索エンジンに評価されると思いますか?



文章のプロは段落という概念がしっかりある

私には、ライターを生業にしている友人が何人かいます。

その道うん十年で活躍中の方々です。



彼女たちのブログを見ると、句点でも改行していません。

段落という概念がしっかりあるのです。

けど、それって私たちが昔ならった作文ですよね?

本を読んでも、段落までは、続けて書いてありますよね?



私は、ブログ記事の場合、詰め詰めになると読みにくくなるので、句点で改行したり、空白の行を作ったりします。

けど、本来は、その段落の終わりまで一気に書くのが本当なんです。

流石文章のプロだなって見ています。




書き手がスマホ対策するは必要ない

スマホで読みやすいように、細かく改行しているという方もいらっしゃるようです。

なんで?

そもそも、スマホの画面に合わせて改行してくれるので、書き手が対策するは必要ないです。



お友達へのメールなら、検索は関係ないので、細かく改行して送るのもいいでしょう。

ただ、そのお友達が設定を変えていたら?

若い頃から視力が良かった私は、老眼になるのも早く、こんな設定でメールを読んでいます。


笑われるかもしれないけど、ここまで大きくしないと読むのがつらいの(笑)

スマホ用に18文字程度で改行すると言われて、実践していらっしゃる方もいるけど、私は1行13文字です!




知識のある人のブログを見てみてください

他の人のブログを良くみてください。

多少なりともSEOの知識がある人は、文章の途中で改行していませんよ。

ライターなど、文章のプロは、段落がしっかりしているでしょ?



それをすることがマイナスになるとわかっているからしないのよ。



今後、ブログなどを使ったWeb集客は、検索エンジンを理解している人だけが残る時代に突入すると思っています。

てか、突入しています。

せっかく書くブログ記事、読みにくい、SEOがダメダメ、にならないようにしてくださいね^^


【現在募集中のセミナー・イベント情報】


◆2018年9月

9月25日・SEOも学べる!WordPressで売れるホームページを1日で作れちゃう講座

※リンクになっていないイベントはお問い合わせください

お問い合わせはこちらお願い致します

アメブロから始まるWeb集客の仕組みづくり・女性の集客専門アドバイザー・増田恵美(ますだめぐみ)

アメブロやSNSを使ったWeb集客コンサルタント・女性の集客専門アドバイザー・増田恵美のAmebaオウンドです。