正しいランディングページの作り方


購入できなかったランディングページ


ランディングページってわかりますよね?

そこから購入してもらう販売ページね。

魅力をガッツリ書いて、最後にお申し込みのリンクを貼り、お申し込みや購買してもらうためのページです。



大晦日の晩にフェイスブックを見ていたら、化粧品の広告が出てきました。

大手製薬会社の広告でした。





「なに!シミが薄くなる?」

「10,800円が初回2,000円でいいの!?」

年々濃くなるシミに悩まされるお年頃、惹かれるよね~!?




こういう広告でよくあるのは、途中に何度も申し込みボタンがある物。

最後までに、途中何箇所もあります。

そして、最後の最後にもお申し込みのボタン。




ところが、このランディングページ、最後にあるのは

『ご購入、お肌の相談はコチラ』と書いたボタンだけ。

受付時間は9:00~20:00

画像(iPhoneのスクリーンショットです)を見て頂くとわかるのですが、私が見たのは22:08です。



「れれれ?申し込めないじゃん!」


「もっと前に購入のボタンがあったのかな?」

遡って見てみたけど、途中にも電話をかけるボタンしかありません。




 一度閉じるとどのページかわからなくなります 


こういう広告や見かけたブログも、一度離れるとどこだかわからなくなります。

ブクマしろよ!というツッコミもあるかと思いますが、ほとんどの女性がブクマしません(笑)

だから、その場でお申し込み頂けるように作った方がいいのよね。




なぜ大手の製薬会社が24時間申し込めないランディングページを作ったのかは不明ですが…。

第一種医薬品じゃなくて、医薬部外品だし…





案の定、そのページを閉じてしまったので、わからなくなってしまいました。

せめて、電話を掛けるボタンじゃなく、電話番号が書いてあればメモしたのにね。




今日になって、その製薬会社のHPから、初回2,000円の申し込みページに辿り着きました。

名前と生年月日、電話番号を入力すると、後日電話がかかってくるそうです。

う~~~ん…どうしても話をしたいのね!(≧▽≦) 





ランディングページは直ぐにお申し込みができるように作る!


今回は大手の製薬会社の広告でした。

会社名を覚えていたのでHPを探して、辿り着くことができました。

そこまでする人は余りいないよ!



あなたのランディングページはどうなっていますか?

一度確認をしてみてください。



ランディングページは、何時に見てもらえるかわかりません。

どんな人に買ってもらいたいのか

どんなお悩みを解決できるのか

その根拠は?



魅力をガッツリ伝えましょう。



そして、いつでも申し込めるように作ろうよ。

あなたが寝ている間にも、遊びに行っている間にも、ランディングページには24時間働いてもらうのよ。

これいい!と思ったら、その場で申し込めるようにしておこう!

電話しかお申し込み方法がなく、受付時間を作るなら、電話番号は載せようね。




せっかく辿り着いてくださった方を、みすみす逃すような販売ページにしないでね^^